logo
 
病院紹介 治療システム 乾癬情報 アトピ-情報 相談/コミュニティ 予約&?院方法 商品情報/料金案内 リンク
西洋医学観点 l ハマ皮膚クリニックの見解 l 治療期間と経過 l 完治と再発 l 診療プロセス l 治療事例
乾癬情報
乾癬情報
西洋医学観点
ハマ漢方皮膚クリニックの見解
治療期間と 経過
完治と再発
診療プロセス
治療事例
予約問い合わせ
予約問い合わせ
お問い合わせ
地図 診療時間 予約 良くある 質問
治療期間と 経過  
 
1.反動期(リバウンド)

使用中の免疫抑制剤を減らす期間で解毒機能がある緑豆と小豆を服用します。

2.排毒期 本格的な薬物治療を始める時期で症状が段々酷くなります。
3.好転期 服用以降症状が段々好転される時期です。
4.管理期 皮膚症状がなくなる時期で正常な状態です。
 
グラフでみる乾癬の治療経過

乾癬の治療期間は個人の免疫状態と乾癬の発病期間、そして免疫抑制剤(軟膏、服用薬、注射剤など)の使用程度等による差があり、治療期間中は個人の食生活及び心理状態等も治療期間に多くの影響を与えます。

乾癬の発病期間が短く免疫抑制剤を未使用または少量使用の場合
免疫抑制剤の使用中断で一時的な症状の悪化と見られる反動現象は比較的に軽く見られ、 普通6ヶ月以内で多くの
乾癬症状がなくなります。

乾癬が発病した期間が長く免疫抑制剤を過去に多量使用または今も使用している場合
このような場合は免疫抑制剤の使用中断による反動現象が強く見られ、普通一年以内で多くの乾癬症状がなくなります。
しかし、乾癬の症状が重症の方は1-2年程の期間がかかることもあります。


情報!
乾癬の反動現象とは
乾癬に長く苦しめられた患者方には免疫抑制剤を使用すると症状が一時的には好転されますが、中断した場合は急に乾癬症状が酷くなった経験があると思います。このような免疫抑制剤を使うと一時的に症状が好転するが使用をやめると症状が酷くなるのを反動(リバウンド)現象と言います。

乾癬の発病期間が短くて免疫抑制剤の使用期間が短いと反動現象は軽く見られます。しかし、発病期間が長く薬の使用期間が長いと酷い反動現象が現れる事もあります。 これは西洋医学のステロイド、免疫抑制剤を使って一時的乾癬の症状が好転されるようにみられますが、根本の原因を除去出来なかったからです。

例えば、高血圧患者が血圧薬を飲むと一時的に正常に戻りますが、薬を中断すると再び血圧が上がるのと同じです。このように高血圧患者が血圧の維持の為に一生薬を飲まなければならないように乾癬患者も正常皮膚を維持する為には一生ステロイド、免疫抑制剤を使わなければなりません。また長期使用による深刻な副作用もあります。
ハマ漢方皮膚クリニックでは免疫増強法を使用して乾癬を根本的に治療する為、ハマ漢方皮膚クリニック自体開発のX-515Aを服用し、感染の症状がなくなった患者に x-515Aを中断しても反動現象は起こりません。

ハマ漢方皮膚クリニックの治療方法で乾癬を治したい方はまず、使用している免疫抑制剤の中断を勧めますが、急に薬物を中断すると急激な反動現象がおこりますので当院の担当医に相談して使用を減らして下さい。

 
logo Copyright 2005 HAMA Psoriasis Center. All right reserved SUKJUNG B/D 1544-3 SEOCHO-DONG, SEOCHO-GU, SEOUL, KOREA TEL: 82-(0)2-525-2686

地図 診療時間 予約 良くある 質問